コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフィン空間 アフィンくうかん affine space

2件 の用語解説(アフィン空間の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフィン空間
アフィンくうかん
affine space

疑似空間ともいう。その空間の上の移動が,ベクトルとして考えられる空間のことである。数学的に厳密に定式化するには,次のようにする。点集合 An 次元ベクトル V を考え,A の任意の2点 P1 ,P2 (順序も考える) に対して,V の 1 つのベクトル を次のように対応させるとき,集合 An 次元アフィン空間呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アフィン空間【アフィンくうかん】

擬似(ぎじ)空間とも。ユークリッド空間から長さと角の大きさの概念を捨象して得られる空間。点集合Aとベクトル空間Vがあり,Aの任意の点pとVの任意のベクトルxに対し和p+xが定義されていて,1.Vの任意のベクトルv,uに関し(p+v)+u=p+(v+u),2.Aの任意の点p,qに対しq=p+vとなるVのベクトルvがただ一つ存在する,という2公理がみたされるとき,Aをアフィン空間といい,Vをアフィン空間Aに付属するベクトル空間という。
→関連項目空間(数学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のアフィン空間の言及

【アフィン幾何学】より

…したがってアフィン幾何学では,平面や空間のもっている長さなどの計量構造は意味をもたなくなるが,直線,交点などのような線形構造はそのまま残る。平面や空間からその計量構造を捨てて線形構造のみを考えた場合,これらをアフィン平面,アフィン空間という。 アフィン幾何学でも三角形という概念は意味をもつが,ユークリッド幾何学では無数の異なる三角形が存在するのに対し,アフィン幾何学では〈すべての三角形は相等しい〉という定理が成り立つ。…

※「アフィン空間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アフィン空間の関連キーワード射影幾何学凸集合非ユークリッド幾何学ヒルベルト空間ユークリッド空間四次元ミンコフスキーの時空ヴォロノイセル可算公理積分論

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone