アフマッド(英語表記)Aḥmad

世界大百科事典 第2版の解説

アフマッド【Aḥmad】

?‐1282
中国,元初のウイグル人の財務長官。アハマともよばれる。シル・ダリア河畔のフェナーケットの出身。チャビル(察必,順聖皇后)の縁でフビライに認められ,財政的手腕によって約20年間,政府の実権を掌握した。新設の財政府の制国用使司を尚書省に昇格させてその宰相となり,勢力は旧来の行政府の中書省を圧した。西域の商人を抜擢して強行した北中国の戸口調査,紙幣制度の整備(中統鈔を発行して南宋の会子と兌換した)などの政策は,国家財政の安定に資した一方,中国人の反発をまねいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アフマッドの関連情報