尚書省(読み)しょうしょしょう(英語表記)Shang-shu-sheng; Shang-shu-shêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尚書省
しょうしょしょう
Shang-shu-sheng; Shang-shu-shêng

中国,古代の中枢行政官庁。前漢の天子側近の秘書であった尚書が漸次政治権力のにない手となり,後漢は尚書台,魏,晋以降はと称し,行政の中央機関に発達,隋,唐では中央3省の一つとなった。唐制では尚書都省に長官尚書令 (不常置) ,次官左右僕射 (ぼくや。ときに丞相) 以下左司,右司がおかれ,吏戸礼兵刑工の六部を分掌した。元代に中書省が一手に総括官庁の役割をになうにいたって尚書省は廃止され,明・清時代には六部が天子に直属するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

尚書省【しょうしょしょう】

中国の官制。秦代に殿中で文書をつかさどらせたのに始まる。後漢の光武帝のころから枢機にあずかるようになり,魏晋以後は九寺の職を吸収して政務執行機関となり,唐では六部(りくぶ)(吏・戸・礼・兵・刑・工)がこれに属し,中書省門下省とともに中央官制の中心をなした。元以後は中書省の名で呼ばれた。→三省

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうしょしょう【尚書省】

中国の官制。秦・漢では殿中の文書をつかさどる役であったが、後漢代に独立の官府として尚書台が置かれ、唐代に至り三省の一として中央官府の中心となり、政務の執行機関として六部を管轄した。
太政だいじよう官の唐名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android