コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマドナガル Ahmadnagar

2件 の用語解説(アフマドナガルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アフマドナガル【Ahmadnagar】

インド,マハーラーシュトラ州西部の古都。人口18万1000(1991)。アーマドナガルとも呼ばれるデカン高原上の交通の要衝にあたり,綿花などの農産物を集散する。市はアーマド・ニザームシャー・バハリにより15世紀末に建設された。16世紀を通じてアフマドナガル王国の首都として栄えたが,ムガル朝下に征服された。18世紀中期以後,マラーター同盟の重要な根拠地となった。要塞は,英領下には政治犯の監獄として利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

アフマドナガル(Ahmadnagar)

インド西部、マハラシュトラ州の都市。ムンバイの東約200キロメートルに位置する。15世紀末、アフマド=ニザム=シャーが建てたアフマドナガル王国の都として栄えた。16世紀建造の要塞のほか、宮殿やイスラム寺院などが残っている。アーメドナガル。アーマドナガル。アフメドナガル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフマドナガルの関連キーワードカターカリボンベイマハービーラマハーラージャナグプルマハラジャワイアシュトラースマハーラージャ殺し

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone