コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブカイク油田 アブカイクゆでんAbqaiq oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブカイク油田
アブカイクゆでん
Abqaiq oil field

サウジアラビアにある大規模油田。1941年にアラムコにより発見された。ガッワール油田の北隣りに位置し,ガッワール油田から積出港ラスタンヌーラへのパイプラインが通る要衝となっている。このため,1977年にアブカイクの石油プラント事故に伴い 2ヵ月間にわたり出荷が減少した際には,世界の石油供給に混乱が起こった。2006年にはアブカイク石油プラントに対するテロ攻撃が行なわれたが,軽微な被害にとどまった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アブカイク油田

サウジアラビア東部にある油田。同国最大級のガワール油田の北に隣接する。1941年発見。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブカイク油田
あぶかいくゆでん
Abqaiq Oil Field

サウジアラビアにある大油田。1941年に発見された。可採埋蔵量約120億バレル、年間産油量約2億バレル(1981)。世界最大のガワール油田の北側の延長上にあり、ガワール油田から積出し港ラス・タヌラへのパイプラインが通っているため、1977年アブカイク油田の火災の際には、世界の石油供給に混乱が起こった。[田中正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アブカイク油田の関連キーワード清水宏近衛文麿内閣マキノ雅広スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉レジスタンス文学[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android