コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブレーシモフ アブレーシモフ Ablesimov, Aleksandr Onisimovich

2件 の用語解説(アブレーシモフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブレーシモフ
アブレーシモフ
Ablesimov, Aleksandr Onisimovich

[生]1742.9.7. コストロマ,ガリチスキー
[没]1783. モスクワ
ロシアの作家。貧乏地主の家に生れた。 1758年以来軍隊勤務。代表作の喜歌劇『魔法使い・詐欺師・仲人の粉屋』 Mel'nik,koldun,obmanshchk i svat (1779年モスクワで出版,上演) は当時人気を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブレーシモフ
あぶれーしもふ
Александр Онисимович Аблесимов Aleksandr Onisimovich Ablesimov
(1742―1783)

ロシアの作家。地方の貧しい地主の家庭に生まれる。ごく若いころから役人、軍人として生涯を送る。そのかたわら、上司であったスマローコフの影響のもとに詩や劇を書き始め、やがてニコライ・ノビコフと協力して雑誌『雄蜂(おすばち)』に風刺的な詩や詩論を発表、社会の矛盾と旧弊、さらには軽薄な風潮を批判した。1781年からは自らの雑誌『愉快な寓話詩(ぐうわし)の語り手』を刊行。代表作は農民の風俗を扱った喜歌劇『魔法使い、ペテン師、仲人(なこうど)の粉屋』(1779初演)で、これにはソコロフスキーとフォミーンによる2通りの曲がつけられて人気を博した。[中村喜和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブレーシモフの関連キーワードストロマКостромаアサヒ とろまろとろまんストロマトロジーストロマトイド藻類ストロマトライトピクノストロマイドストロマティック星雲状ストロマタイト

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone