コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・フィラース Abū Firās, al-Ḥamdānī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・フィラース
Abū Firās, al-Ḥamdānī

[生]932. イラク
[没]968.4.4. シリア
アラブの詩人。 10世紀初めから 11世紀初めにかけてイラク北部のジャジーラ地方とシリアの北部とを支配したハムダーン朝の一族で,アラブのタグリブ部族の人。同王朝の英主でアレッポに都したサイフ・ウッダウラの宮廷に集った文人や学者たちの一人である。典型的アラブ騎士としてたたえられ,しばしばビザンツ軍と戦った。2回捕虜となったが,2回目は4年間 (962~966) コンスタンチノープルに幽囚された。その後ヒムスの太守となったが,一族間の争いで殺された。多数の詩を残したなかでも,捕虜生活中のものに絶唱が多く,一括して『ルーミーヤート』 Rūmiyyāt (『ビザンツ哀歌』) と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブー・フィラースの関連キーワードムクタディル銭鏐フェルナン・ゴンサレスディン・ボ・リン安和丁朝丁部領エルベ川日本年号一覧行政評価

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android