コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ムスリム Abū Muslim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・ムスリム
Abū Muslim

[生]?
[没]755. バグダード
アッバース家 (→アッバース朝 ) の革命運動の指導者。出身も本名もあえて秘密にしていた。ホラーサーンの地で反ウマイヤ家,親ハーシム家の秘密運動を組織し,747年6月 15日黒旗を掲げて蜂起した。 749年ウマイヤ朝の軍隊を殲滅してアブル・アッバースがカリフを宣言したのちはホラーサーン総督の地位にあったが,彼の勢力伸長を恐れた第2代カリフのマンスールによって謀殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブー・ムスリム
あぶーむすりむ
Ab Muslim
(?―755)

イラン北東部ホラサーンにおけるアッバース朝革命の指導者。ウマイヤ朝末期、アッバース家のイブラヒームによって派遣され、ウマイヤ朝打倒の地下運動を指導、747年マルウ(メルブ、現在名マリー)近郊で武装蜂起(ほうき)し、革命軍を西進させてウマイヤ朝軍を粉砕した。その功によりホラサーン総督となり、751年には中央アジアのタラス川で唐軍を破った(タラス川の戦い)。しかし彼の勢力増大を恐れた第2代カリフ、マンスールによって暗殺された。[森本公誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アブー・ムスリムの関連キーワードマンスール(AbŪ Ja‘far alイーサー・イブン・ムーサータラス川の戦いムカンナーの乱中東史(年表)ムータシムホッラム教

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android