コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アペニン[山脈] あぺにん

百科事典マイペディアの解説

アペニン[山脈]【アペニン】

イタリア半島の背骨をなす山脈で,フランス国境付近のリグリアから南端のカラブリアに及ぶ。延長1350km,標高1500〜2000m。最高点は中央部のコルノ山(2912m)。半島部の河川の水源をなし,東側には短い川が多いが,西側ではアルノテベレなど比較的流路が複雑な川があり,山脈の東西では気候が非常に異なっている。ベスビオ山,エトナ山では現在も火山活動が活発。全般にあまり急峻(きゅうしゅん)でなく,1000m付近までは農牧に利用され,多くの鉄道,道路が山脈を横断する。
→関連項目イタリアグラン・サッソ・ディタリア[山]サンマリノ(国)シチリア[島]フチノ盆地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアペニン[山脈]の言及

【アペニノ[山脈]】より

…全長1350km。アペニン山脈とも呼ぶ。ジェノバ湾岸サボナの西北西にあるカディボナ峠でアルプスから分かれ,イタリア半島を縦断している。…

※「アペニン[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アペニン[山脈]の関連キーワードベスビオ[山]エトナ[山]テベレ[川]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android