コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アボガドロ数 アボガドロスウ

百科事典マイペディアの解説

アボガドロ数【アボガドロすう】

純物質1モル中に含まれる分子の数。初めアボガドロの法則から決められたのでこのように定義されたが,イオンや原子からなる物質についても適用できることがわかり,現在では先の定義に原子,イオンなどをも含めていう。
→関連項目ブラウン運動ペランモル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

アボガドロ数

 1モル中にある分子の数で,6.022×1023とする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アボガドロすう【アボガドロ数 Avogadro’s number】

原子,分子,イオン,電子などの物質粒子1mol中に含まれるそれらの粒子の数。基本定数の一つで,原子量の基準に従って,質量数12の炭素の同位体12Cの12g中に含まれる原子数で定義され,その値は6.0221367(36)×1023mol-1である((36)は最後の2桁に±36の誤差があることを示す)。名の由来はアボガドロの法則に基づくが,実際は1867年オーストリアのロシュミットJoseph Loschmidt(1821‐95)が論文の中で,1mm3中の気体の分子数の概算値を示したのが最初である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アボガドロ数
アボガドロすう

アボガドロ定数」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アボガドロ数の関連キーワードローレンツ=ローレンスの式ローレンツ=ローレンツの式ボルツマン定数ロシュミット数ファラデー定数アヴォガドロ数エネルギー論ペランの実験原子定数X線単位純物質原子論温度

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android