コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマガイ Heminerita japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマガイ
Heminerita japonica

軟体動物門腹足綱アマオブネ科。殻高 1.8cm,殻径 1.9cm。殻は半球状,厚くて堅固。螺塔は低く,体層は大きい。殻表は平滑で,黒色の地に黄白斑帯がある。殻口は半円形,軸唇はまっすぐで,体層上に滑層が平らに広がる。ふたは石灰質で半円状。房総半島以南の潮間帯の岩礫底にすみ,夏に楕円形で黄白色の卵嚢を岩に産みつける。近縁種アマオブネ Theliostyla albicillaは本種に似て大きく,殻表に太い肋がある。房総半島以南に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アマガイ

アマオブネガイ科の巻貝。高さ1.8cm,幅1.9cm。殻は半球状で,黒色地に黄白色斑がある。蓋(ふた)は石灰質で半円形。房総半島から九州,朝鮮半島の潮間帯岩礁(がんしょう)に普通。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマガイ
あまがい / 蜑貝
[学]Heminerita japonica

軟体動物門腹足綱アマオブネガイ科の巻き貝。房総半島以南から九州までの日本各地のほか、朝鮮半島にも分布し、潮間帯の岩礁上のくぼみなどに普通にみられる。殻高18ミリメートル、殻径19ミリメートルぐらいの半球形の殻があり、螺塔(らとう)は丸くて低く、体層が大きい。殻表は黒色の地に黄白色の小斑(はん)を散らして、ときには色帯状になる。螺肋(らろく)はない。殻の内部は隔壁がなく1室となっている。殻口は半円形で、外唇は半弧状、軸唇はまっすぐで、滑層は黄色く平らである。蓋(ふた)は石灰質で半月形、肉質に入っている部分に柄がついている。夏季、岩の上に黄白色の卵嚢(らんのう)を多数産み付ける。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アマガイの関連キーワードTheliostyla albicilla

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android