コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマニュウ あまにゅう

1件 の用語解説(アマニュウの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマニュウ
あまにゅう
[学]Angelica edulis Miyabe ex Yabe

セリ科の大形多年草で、高さ2メートルにも達する。山地の草原に生える。葉は1~2回3出羽状複葉、質が薄く毛がない。小葉は大きく広卵形でさらに三つに切れ込み、鋸歯(きょし)がある。葉柄の基部は膨れて鞘(さや)状となる。花は8月、径20センチメートルに達する大形の複散形花序に多数つき、白色。花柄の基部に細い小総包葉がある。果実は楕円(だえん)形で約7ミリメートル、左右に狭い翼がある。北海道、本州(中部地方以北と鳥取県大山(だいせん))、四国(石鎚(いしづち)山)に分布。茎は甘く食用となる。名は「甘ニュウ」であり、「ニュウ」はアイヌ語という。シシウドは本種に似るが、葉に毛が生えること、花柄の基部に小総包葉がないことで異なる。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアマニュウの言及

【シシウド】より

…本州の北部から北海道,サハリン,カムチャツカ,東シベリアに分布。アマニュウA.edulis Miyabeは高原に生える大型の多年草で,高さ1~3mに達する。茎や葉には毛がなく,葉は1~2回3出複葉である。…

※「アマニュウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone