アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

百科事典マイペディアの解説

アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団【アムステルダムコンセルトヘボウかんげんがくだん】

オランダを代表する管弦楽団。コンセルトヘボウはオランダ語で〈演奏会場〉の意で,コンサート専用ホールの専属オーケストラとして1888年に創立。2代目の常任指揮者メンゲルベルクの50年にわたる指導で世界一流となった。以後ベイヌムを経てヨッフム,B.ハイティンク〔1929-〕,R.シャイー〔1953-〕が常任。ヨッフム,ハイティンクとともに1962年に初来日。
→関連項目ビルスママルケビチ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の関連情報