コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムベル宮殿 アムベルきゅうでんPalace of Amber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムベル宮殿
アムベルきゅうでん
Palace of Amber

インド,ジャイプル市北方約 8kmのアムベルにある宮殿址。 1600年,マーン・シング王の創建になり,18世紀初頭,ジャイ・シングによって完成され,1728年都がジャイプルに移るまでラージプートの王宮として栄えた。建物は赤色砂岩と白大理石造で,内部は色とりどりの石や鏡細工で飾られている。泉水のある庭園に囲まれた王の居室,謁見の間,城門などの建物はムガル朝宮殿建築の影響を強く受けている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アムベル宮殿の関連キーワード近畿日本鉄道世界クロスカントリー選手権有珠山サッカラ中央本線山陰本線地球内部構造海底長期連続観測網最古の神像東京オリンピック2016