コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ国会議事堂 アメリカこっかいぎじどうUnited States Capitol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ国会議事堂
アメリカこっかいぎじどう
United States Capitol

ワシントン D.C.に所在。 1793年,第2回競技設計当選の W.ソーントン案に基づき着工。中央部にロトンダを設けたパラディアニズム的な建物で,1814年にイギリス軍の攻撃で北翼部分を残し破壊された。その後 15年から 17年にかけて B.ラトローブが再建に着手,C.ブルフィンチが引継ぎ,28年にかけほぼ現在の中央部分が完成した。さらに 51年~65年,T.ウォルターが増築を担当。ドームを内径 30m,高さ 68mの鋳鉄製のものに代え,さらに南北の翼屋部を付加し,現在の形態を完成させた。増築された中央ドームと南北のロトンダは,古典的形態の主部と異なり,フランス第二帝政時代のバロック的傾向を感じさせるものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アメリカこっかいぎじどう【アメリカ国会議事堂 Capitol】

アメリカ合衆国の首都ワシントンの小高い丘〈キャピトル・ヒルCapitol Hill〉にある建物。建国の意気盛んな時代にアメリカ建築の統一様式とされたクラシカル・リバイバル(古典復興様式)の代表作。1792年のコンペで選ばれたソーントンWilliam Thorntonの設計案による当初の建物が第2次英米戦争で炎上(1814)の後,原案に従ってB.H.ラトローブやブルフィンチCharles Bulfinchらが再建。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アメリカ国会議事堂の関連キーワードクローフォードホーバン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android