コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラスカ海流 アラスカかいりゅう Alaska Current

3件 の用語解説(アラスカ海流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラスカ海流
アラスカかいりゅう
Alaska Current

カナダおよびアラスカ海岸に沿いアリューシャン列島まで,北西および西に流れる海流。亜寒帯海流が西経 150°付近で南北に分れ,その北の分岐流がアラスカ海流亜寒帯海流の続流であるところから低温であるが,アラスカ湾内では暖流の性質をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アラスカ海流【アラスカかいりゅう】

太平洋の北緯42°〜50°を東に流れる海流カナダ沖で北に旋回し,アラスカ湾内を反時計方向に還流し,一部分ベーリング海に流入。アラスカ湾内では暖流の特徴を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

海の事典の解説

アラスカ海流

北太平洋の亜寒帯循環の東縁を構成し、カナダの北西岸沿いに北上し、アラスカ湾を反時計回りに流れる海流。亜寒帯海流は北米西岸沖で2つに別れ、一部は南 流してカリフォルニア海流となるが、北流したものがアラスカ海流につながる。アラスカ湾北岸沿いに西に向かう流れの一部はアリューシャン列島の南に沿って 西流しアリューシャン海流となるが、一部は南下してアラスカ湾内に一つの循環を作ると考えられている。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアラスカ海流の言及

【アラスカ湾】より

…北部中央部にはプリンス・ウィリアム湾があり,その西にはケナイ半島が延び,さらにクック湾が深く食い込んでその湾奥にはアラスカ州最大の都市アンカレジがある。湾内には左回りに環流するアラスカ海流があり,北太平洋北部を反時計回りにめぐる亜寒帯環流を構成する。冬季は南よりの風が卓越するので比較的温暖で,海水温は5℃以上と高い。…

※「アラスカ海流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アラスカ海流の関連キーワード亜寒帯海流東オーストラリア海流亜寒帯循環亜寒帯前線アラスカ循環西部亜寒帯循環亜熱帯循環中央水北太平洋の公海漁業に関する国際条約太平洋亜寒帯水

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone