コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリホスファターゼ alkaline phosphatase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカリホスファターゼ
alkaline phosphatase

ALPともいう。有機化合物であるリン酸エステルを加水分解する酵素。高等動物の場合には,臓器特異性をもった ALPアイソザイム (同位酵素) が存在する。生理作用は不明であるが,血清中にはアルカリ性と酸性の2種のホスファターゼがあり,このうちアルカリ性のものは肝臓や胆道,骨などに由来し,これらの臓器に疾患があると血清中に増量する。この性質を利用して,肝機能検査などに広く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルカリホスファターゼの関連キーワード原発性胆汁性肝硬変(PBC)バセドウ病(グレーブス病)原発性副甲状腺機能亢進症原発性硬化性胆管炎関節リウマチ森内 幸子慢性白血病肝細胞がん骨軟化症肝膿瘍肝結核腎梗塞骨肉腫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android