アルカリホスファターゼ(英語表記)alkaline phosphatase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アルカリホスファターゼ」の解説

アルカリホスファターゼ
alkaline phosphatase

ALPともいう。有機化合物であるリン酸エステルを加水分解する酵素。高等動物の場合には,臓器特異性をもった ALPのアイソザイム (同位酵素) が存在する。生理作用は不明であるが,血清中にはアルカリ性と酸性の2種のホスファターゼがあり,このうちアルカリ性のものは肝臓や胆道,骨などに由来し,これらの臓器に疾患があると血清中に増量する。この性質を利用して,肝機能検査などに広く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「アルカリホスファターゼ」の解説

アルカリホスファターゼ

 [EC3.1.3.1].アルカリ性ホスファターゼともいう.アルカリ性領域に至適pHをもつホスホモノエステラーゼ亜鉛酵素で,特異性の広いホスファターゼ.広く生物の膜画分に存在する.妊娠後期や骨症のときなどに血漿中の濃度が上昇する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

化学辞典 第2版「アルカリホスファターゼ」の解説

アルカリホスファターゼ
アルカリホスファターゼ
alkaline phosphatase

[別用語参照]ホスホモノエステラーゼ

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android