コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルケスティス

百科事典マイペディアの解説

アルケスティス

ギリシア伝説のテッサリア王アドメトスの王妃。夫の身代りとなって死んだ献身的な貞女ヘラクレスはその貞節に打たれ,冥府(めいふ)に降りて彼女を現世に連れ戻した。エウリピデスに同名の作品がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルケスティス
あるけすてぃす
Alkstis

ギリシア神話の人物。イオルコスの王ペリアスとアナクビシアの娘の一人で、姉妹のうちでもっとも美しく、フェライの王アドメトスの妻となった。ペリアスは、娘に求婚する者に対し、ライオンと猪(いのしし)を同時に戦車につなぐことができれば娘を与えるという難条件を出した。しかしアドメトスは、アポロンの助けを借りてこの条件を克服し、アルケスティスを妻に迎えた。その後、早死にの運命を知らされた夫が自分の身代りとなって死ぬ者を求めたとき、彼女は進んでその犠牲となった。アルケスティスの死後、その若さと美しさにひかれていたヘラクレスは冥界(めいかい)を訪れ、死神との格闘のすえに彼女を取り戻し、アドメトスのもとへ返した。一説では、地下の女神ペルセフォネが、彼女の夫に対する愛情に感動して生き返らせたともいわれる。なお、魔女メデイアが魔法を用いてペリアスを娘たちの手で殺害させたとき、アルケスティスだけは父親殺しに加わらなかった。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルケスティスの関連キーワードヘラクレス(ギリシア神話の英雄)カクテル・パーティー序曲(音楽)タナトス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android