コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゴンキン

2件 の用語解説(アルゴンキンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アルゴンキン

北米に分布するアルゴンキン系の言語を話すアメリカ・インディアンの総称。ミクマック(中部・東部カナダ),クリー(五大湖地方),カリフォルニア,ブラックフット(アルバータ),シャイアンモンタナ),アラパホ(モンタナ,ワイオミングオクラホマ)などの諸族からなる。
→関連項目トマホーク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゴンキン
あるごんきん
Algonkians

アメリカ先住民集団(アメリカ・インディアン)。マクロアルゴンキン語族に属する言語を話す人々の総称。狭義ではオタワ近くのガティノー川流域の一集団をさす。マクロ・アルゴンキン語族の分布は広く、カナダ東部、南部の大部分と、アメリカ合衆国北西海岸、メキシコ湾岸、大平原の一部を占めていた。亜寒帯文化領域東部のモンタニェ・ナスカピMontagnais-Naskapi、北東部のオジブワOjibwa、大平原のシャイアンCheyenne、ブラックフットBlackfootなどが代表的な集団である。南部ではトウモロコシを中心とした農耕を行ったが、北部では狩猟が中心であった。モンタニェ・ナスカピやオジブワでは白人との毛皮取引が重要であり、オジブワはアメリカマコモを大量に利用した。大平原では狩猟が中心であったが、白人の持ち込んだ馬が狩りの効率を高め、大規模な野牛狩りを行った。北東部のアルゴンキン系諸集団はスー系のイロコイ同盟に圧迫され、白人との交易用の毛皮を求めるためもあって、しだいに西へ移動した。イロコイ同盟などと異なり、強固な民族連合、氏族組織をもたなかった。シャイアンなどの大平原集団は白人の侵入に強く抵抗したことで名高い。[木村秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルゴンキンの関連キーワードツングースツングース諸語ナワマルチリンガルアルゴンキン州立公園オレゴンパインカリウムアルゴン法コーカサス諸語バンツー族アルゴンキン語族

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルゴンキンの関連情報