コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルジャントゥイユ アルジャントゥイユ Argenteuil

2件 の用語解説(アルジャントゥイユの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルジャントゥイユ
アルジャントゥイユ
Argenteuil

フランス北部,バルドアーズ県の都市。都市名はケルト人によって開発された銀 (アルジャン) の鉱山に由来する。パリ北西 14kmのセーヌ川右岸に位置し,水運の便により,電機・機械・金属・化学工業などが立地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルジャントゥイユ【Argenteuil】

フランス北部,バル・ドアーズ県の都市。人口9万4000(1990)。アルジャントゥイユ修道院(660ころ設立)とともに発展したパリ北西郊外の古い町。12世紀にはエロイーズがこの修道院に入った。現在はパリ首都圏の既成市街地における工業都市としての役割が注目され,主要産業は冶金,金属加工電気器具製造,化学工業,写真フィルム製造,香水およびニス等の生産である。そのほかに,アスパラガスブドウ栽培等の近郊農業も重要な産業となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルジャントゥイユの関連キーワードサンリスピエルフォン城ピカルディプロバンフランス窓オーベルシュルオアーズバントゥー山ピエルフォンボーベランジス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルジャントゥイユの関連情報