コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルジャントゥイユ Argenteuil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルジャントゥイユ
Argenteuil

フランス北部,バルドアーズ県の都市。都市名はケルト人によって開発された銀 (アルジャン) の鉱山に由来する。パリ北西 14kmのセーヌ川右岸に位置し,水運の便により,電機・機械・金属・化学工業などが立地。 12世紀にエロイーズアベラールの悲劇の舞台となったアルジャントゥイユ修道院は 660年頃の創設。かつての特産アスパラガスとブドウの畑は工場敷地や郊外住宅地に変貌しつつある。人口9万 4162 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルジャントゥイユ【Argenteuil】

フランス北部,バル・ドアーズ県の都市。人口9万4000(1990)。アルジャントゥイユ大修道院(660ころ設立)とともに発展したパリ北西郊外の古い町。12世紀にはエロイーズがこの修道院に入った。現在はパリ首都圏の既成市街地における工業都市としての役割が注目され,主要産業は冶金,金属加工,電気器具製造,化学工業,写真フィルム製造,香水およびニス等の生産である。そのほかに,アスパラガス,ブドウ栽培等の近郊農業も重要な産業となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アルジャントゥイユの関連キーワードブラック(Georges Braque)モネ(Claude Monet)ジョルジュ ブラックミラボーブラック

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android