コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバー アルバーArber, Werner

3件 の用語解説(アルバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルバー
アルバー
Arber, Werner

[生]1929.6.3. スイス,グレニヘン
スイスの微生物学者。スイス連邦工科大学,ジュネーブ大学南カリフォルニア大学に学び,1958年,南カリフォルニア大学の医学微生物学研究助教授。その後 60~70年ジュネーブ大学,71年以降バーゼル大学微生物学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルバー
あるばー
Werner Arber
(1929― )

スイスの微生物学者。グレニヘンに生まれる。チューリヒの連邦立理工科大学を卒業後、1953年にジュネーブ大学の生物物理学研究室の助手となり、1958年博士号を取得した。同年アメリカに渡り、南カリフォルニア大学で助手を務め、1960年帰国、ジュネーブ大学で研究を続け、1965年同大学の臨時教授となった。1970年ふたたび渡米してカリフォルニア大学で分子生物学の研究をしたのち、1971年スイスに戻り、バーゼル大学の教授についた。
 1960年ころからλ(ラムダ)ファージを用いて宿主である大腸菌のデオキシリボ核酸(DNA)の制限(DNA分子の分解)および修飾(DNA分子の変化)に関する研究を行い、1968年に大腸菌から制限酵素を分離することに成功。さらに、制限酵素はDNA鎖の固有な塩基配列を読み取って特定の部位で切断する作用をもつことを明らかにした。のちにH・O・スミスは制限酵素によるDNAの切断部位を測定、またネイサンズが制限酵素を用いて遺伝子構造を解明する方法を示した。このように、アルバーによる制限酵素の機能の解明は、遺伝子工学発展の端緒となった。その業績により1978年、スミス、ネイサンズとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルバーの関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルバーの関連情報