コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子遺伝学 ぶんしいでんがくmolecular genetics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分子遺伝学
ぶんしいでんがく
molecular genetics

遺伝現象を分子のレベルで研究し,解明しようとする遺伝学の一分野。分子生物学の中心的役割を果している。遺伝学の本質は遺伝子の問題となるが,遺伝子の分子的本体がデオキシリボ核酸 DNAであることが明らかにされて以来,DNAの構造と,その分子としての特性から遺伝と形質発現の諸現象を理解しようとする分子遺伝学という新分野を誕生させることとなった。分子遺伝学は主として微生物やバクテリオファージなどを対象に進展したが,本質的には高等生物にもあてはまり,遺伝子の複製,組換え,変異,また遺伝暗号の解読や形質発現の過程など,生物の基本現象の解析を目指している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんし‐いでんがく〔‐ヰデンガク〕【分子遺伝学】

遺伝現象をDNAやRNAなどの分子レベルで解明しようとする学問分野。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんしいでんがく【分子遺伝学】

遺伝の仕組みを DNA 分子の塩基配列によって解明しようとする学問分野。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分子遺伝学
ぶんしいでんがく
molecular genetics

遺伝現象を分子のレベルで明らかにする遺伝学の一分野。遺伝子が核酸の一種であるデオキシリボ核酸(DNA)であることが、1944年にアメリカのエーブリーO. T. Averyらの形質転換実験によって証明され、さらに53年にアメリカのJ・D・ワトソンとイギリスのクリックがDNA分子の二重鎖モデルを提出してから、急速に発展した。DNA分子よりの遺伝情報発現機構については、58年ごろより研究が盛んになり、DNAの遺伝情報はRNA分子に転写され、細胞質でタンパク質分子に翻訳されることが明らかにされた。また、分子遺伝学のもっとも大きな成果ともいえる遺伝暗号の解読は61年から約5年間に行われた。解読された遺伝暗号を基礎として、形質発現、突然変異機構、調節機構など多くの遺伝現象が分子レベルで解明されている。分子遺伝学分野では最近、遺伝子の人工合成が可能となり、遺伝子DNAと異種の生細胞中で自己増殖するDNA分子を結合してつくった組換えDNAを用いて、遺伝子を増殖させる遺伝子工学実験が発展している。分子遺伝学研究においては研究材料として微生物を用いることが多く、微生物遺伝学と関連し、また分子レベルの研究は生化学的なものが多く遺伝生化学とも重複する研究分野といえる。[石川辰夫]
『石川辰夫著『分子遺伝学入門』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の分子遺伝学の言及

【遺伝学】より

…生体内の化学的反応過程の遺伝的支配機構を解明するこの分野は生化遺伝学とよばれ,遺伝学の重要な分野となった。
[分子遺伝学molecular genetics]
 1944年にO.T.エーブリーらはR型の肺炎双球菌にS型の菌から抽出したDNAを与えるとS型に変わり,この変化は子孫に安定して伝わることを証明したが,遺伝子の本体がDNAであるという考えが広く受け入れられるにはそれから10年近い歳月が必要であった。生物の多様性を考慮するとき,遺伝子の本体とみなすには4種のヌクレオチドで構成されるDNAはあまりにも単純に過ぎ,したがって,きわめて多様な存在形態を示すタンパク質のほうが適当と考える強い風潮が当時あったためである。…

※「分子遺伝学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分子遺伝学の関連キーワードステント(Gunther Siegmund Stent)スミス(Hamilton Othanel Smith)マラー(Hermann Joseph Muller)シドニー ブレンナーウェルナー アルバーマキシム シュワルツフィリップ ライリーセントラルドグマゴールドステイン遺伝子突然変異レトロウイルスクローン選択説アラビドプシスレーダーバーグデルブリュック細胞遺伝学ブレンナー吉川 秀男細胞生物学ネイサンズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分子遺伝学の関連情報