コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンソ7世(皇帝) アルフォンソななせい[こうてい]Alfonso VII, el Emperador

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルフォンソ7世(皇帝)
アルフォンソななせい[こうてい]
Alfonso VII, el Emperador

[生]1104/1105
[没]1157.8. フレスナダ
カスティリア=レオン王 (在位 1126~57) 。ブルゴーニュ伯レイモンの息子。アルフォンソ6世 (勇猛王) の孫。イベリア半島の皇帝を自称し中世スペインにおける皇帝思想を示す。幼年時代には母ウラッカと彼女の2度目の夫アラゴンのアルフォンソ1世 (戦闘王) の間でレオン,カスティリアの領有について紛争が続けられたが,ウラッカの死によってアラゴン王アルフォンソ1世は要求を放棄 (1126) 。同時にアルフォンソは皇帝アルフォンソ7世としてイベリア半島の支配者たちから認められた。アルフォンソの国土回復運動はアルメリアの占領 (47~57) により名声をあげ,コルドバも3年間占領した。しかし,北アフリカにアルモハド朝政権が成立し,1146年以降その激しい侵略が南スペインに対して開始された。彼はアルモラビド朝と同盟して,これを防御するのにその余生を費やした。2人の息子にレオンとカスティリアを分与したが,これは帝国の概念に反する行為であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルフォンソ7世(皇帝)の関連キーワードアフォンソ1世(征服王)サンチョ3世(待望王)イベリア半島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android