コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルブレヒト2世 アルブレヒトにせいAlbrecht II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルブレヒト2世
アルブレヒトにせい
Albrecht II

[生]1397.8.6.
[没]1439.10.27. ランゲンドルフ
ドイツ王 (在位 1438~39) ,ボヘミア,ハンガリー王 (在位 38~39) 。アルブレヒト5世としてオーストリア公。非常に強力で好戦的な君主として知られる。ハプスブルク家のアルブレヒト4世の息子。 1404年父の死後,義父のジギスムント (神聖ローマ皇帝,ボヘミア王,ハンガリー王) の死およびルクセンブルク家の断絶ののち,ジギスムントの娘と結婚,ドイツ王に選挙され (皇帝位は教皇から承認されなかった) ,さらにボヘミア王,ハンガリー王の位を授与された。治世は2年に満たず,その大部分は,上記両王国内の土着貴族の蜂起や,トルコ人に対するハンガリーの防御に費やされ,その結果,ドイツ本国はおろそかにされた。対トルコ戦でのアルブレヒトの早死にによって,ハプスブルク家に内紛をもたらすことになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

アルブレヒト2世

生年月日:1397年8月10日
ドイツ王
1439年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

アルブレヒト2世の関連キーワード6月28日生年月日

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android