コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーリック[ポンメルン] エーリック[ポンメルン]Erik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーリック[ポンメルン]
Erik

[生]1381頃.ポンメルン
[没]1459.5.3. リューゲンワルデ
カルマル同盟初代の王 (在位 1397~1439) 。デンマーク王としてエーリック7世に数えられる。デンマークのマルグレーテの姪マリエとポンメルン公ワティスラフ3世の子。 1387年マルグレーテの養子となり,彼女の巧みな外交政策により,97年カルマル同盟初代の王となった。実権はマルグレーテが握っていたが彼女の死 (1412) 後,スカンジナビアの絶対王政を整え,デンマークの国境拡大,税制や貨幣制度の整備などに努力した。一方,ハンザ同盟からの自立を目指し,ハンザの艦隊を攻撃 (26) 。最初のズンド海峡税を課した (28) 。しかし,デンマーク中心主義のためスウェーデンに E.エンイエルブレクトの指導する民衆反乱が起り (34) ,ノルウェーにも農民反乱が起る (36) なかで,1439年デンマーク貴族はエーリックを廃位,同年スウェーデン王も退位した。 42年ノルウェー王を退位。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エーリック[ポンメルン]の関連キーワード弘和永徳康暦天授ワット・タイラーの乱差押え命令プトレマイオス8世エウエルゲテス2世証人ボールイギリス農民一揆

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android