コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルヘンティーナ アルヘンティーナ La Argentina

6件 の用語解説(アルヘンティーナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルヘンティーナ(La Argentina)

[1888~1936]スペインの女流舞踊家。アルゼンチン生まれ。民族舞踊を芸術舞踊に高め、20世紀最大のスペイン舞踊家といわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルヘンティーナ

本名はアントニア・メルセ。スペインの女性舞踊家。アルゼンチンのブエノスアイレスに生まれ,それにちなんで芸名とした。両親は職業舞踊家。幼いころにスペインに戻り,マドリードで古典舞踊とスペイン舞踊を学ぶ。
→関連項目大野一雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アルヘンティーナ【La Argentina】

1888‐1936
本名Antonia Mercé。スペインの女性舞踊家。アルゼンチンのブエノス・アイレス生れにちなみ,国名を芸名とした。両親が舞踊家で,早くからマドリードやパリに出て,スペインの地方的な踊りを芸術的舞踊に高めた。カスタネットの技術に長じ,アルベニスグラナドスの音楽を使用したことは画期的なことであった。世界各国を巡演し,1929年来日。20世紀最大のスペイン舞踊家と評価されている。【久保 正士】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アルヘンティーナ【La Argentina】

1890頃~1936) スペインの舞踊家。民族舞踊を芸術に昇華させスペイン舞踊の復興をもたらした。主にスペイン近代音楽を踊り、「カスタネットの女王」と呼ばれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルヘンティーナ
あるへんてぃーな
La Argentina
(1890―1936)

スペインの女流舞踊家。アルゼンチンのブエノス・アイレス生まれ。本名Antonia Merc。繊細で高貴、しかもユーモアあふれる演技で観客を魅了し、スペイン舞踊のルネサンスを生んだといわれる。スペインよりもパリで有名で、ファリャの『恋は魔術師』、アルベニス、グラナドスなどのスペイン近代音楽をおもに踊り、フラメンコは踊らなかった。1929年(昭和4)来日。現在モナコにアルヘンチーナ記念館がある。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

アルヘンティーナ
La Argentina


1890 - 1936
スペインの舞踊家。
ブエノス・アイレス生まれ。
本名Antonia Mercé。
マドリッド・オペラのバレリーナであったが、その後スペインの地方的な踊りを芸術的舞踊に高めた。国名から芸名をとり、アルベニスやグラナドスなどのスペイン近代音楽を主に踊り、フラメンコは踊らなかった。1929年に来日し、20世紀最大のスペイン舞踊家と評価されている。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアルヘンティーナの言及

【アルゼンチン】より

…新大陸の探検時代に到来したスペイン人が,当地に住む原住民の銀の装身具にちなんで国土の中央部を流れる大河をラ・プラタ(スペイン語で〈銀〉の意)川と命名,同川流域一帯はラ・プラタ地方と呼ばれるようになった。スペインからの独立後はラ・プラタと同義のラテン語起源のアルヘンティーナ(英語でアルゼンチン)が国名として採用され,1826年憲法でアルゼンチン共和国の名が初めて正式に用いられた後,60年正称と決定された。国土面積は日本の約7.5倍でブラジルに次ぐラテン・アメリカ第2位,世界第8位の広さを有するが,人口は日本の約1/4にすぎず,人口密度は12.5人/km2(1996)である。…

※「アルヘンティーナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルヘンティーナの関連キーワード置換群スベルドルップラーダークリシュナンM判アリナM&M'sM・Dタフォイド滲出物Master's Degree

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルヘンティーナの関連情報