コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルミ箔 アルミハク

大辞林 第三版の解説

アルミはく【アルミ箔】

アルミニウムを薄く平らに延ばしたもの。食品・薬品の包装用材料などに利用。アルミニウム箔。アルミホイル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルミ箔
あるみはく

アルミニウムおよびその合金の箔をいう。日本工業規格(JIS(ジス))では厚さ200マイクロメートル以下のものを箔という。高速4段圧延機で圧延してつくる。厚さにより用途が異なる。アルミ箔は純度によっても用途が異なり、99.3%以上のものは装飾、建材、包装用などもっとも一般的に用いられ、マンガンを添加したものは容器やフィンfin(配管、機械類などに用いるひれ状の金属板)材に、99.7%以上のものはおもに電線被覆用に、99.9%以上の高純度アルミ箔はほぼ電解コンデンサー陽極用のみに限られている。[志村宗昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルミ箔の関連キーワードcosmocorps lookガイガー‐ミュラー計数管ウエットラミネーションエレクトロルミネセンスレイノルズ・メタルズホイル焼き・ホイル焼押出しコーティングレトルトパウチ食品ロングライフ食品東洋アルミニウム昭和アルミニウム弾道ミサイル防衛クッキングホイルシーリング印刷gas matスイートポテトアルミニウム箔加熱転写印刷レトルト食品使い捨て食器

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルミ箔の関連情報