コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルミ箔 アルミハク

3件 の用語解説(アルミ箔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルミ‐はく【アルミ×箔】

アルミニウムを紙状に薄く延ばしたもの。薬品や食品の包装などに用いる。アルミホイル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルミ箔
あるみはく

アルミニウムおよびその合金の箔をいう。日本工業規格JIS(ジス))では厚さ200マイクロメートル以下のものを箔という。高速4段圧延機で圧延してつくる。厚さにより用途が異なる。アルミ箔は純度によっても用途が異なり、99.3%以上のものは装飾、建材、包装用などもっとも一般的に用いられ、マンガンを添加したものは容器やフィンfin(配管、機械類などに用いるひれ状の金属板)材に、99.7%以上のものはおもに電線被覆用に、99.9%以上の高純度アルミ箔はほぼ電解コンデンサー陽極用のみに限られている。[志村宗昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルミ箔の関連情報