コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルモリカン山地 アルモリカンさんちMassif Armoricain

世界大百科事典 第2版の解説

アルモリカンさんち【アルモリカン山地 Massif Armoricain】

フランス北西部の山地で,ブルターニュ地方から西部ノルマンディー,バンデ,アンジュー地方にひろがる。アルモールはケルト語で〈海に近い地方〉の意。フランスで最も古い山地のひとつで,先カンブリア系の変成岩類,古生代以後の堆積岩からなり,西北西東南東地質構造が卓越する。地形的には第三紀はじめの準平原に由来する小起伏の高原・丘陵をなし,その平均高度は100m余りで低い(最高は標高417mのアバロアール山)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルモリカン山地
あるもりかんさんち
Massif Armoricain

フランス西部の山地。面積約6万5000平方キロメートル。ブルターニュ、バンデー、アンジュー、バー・メーヌ、ノルマンディー西部に及ぶ丘陵地の総称で、パリ盆地アキテーヌ盆地を画している。古生代末期に形成された褶曲(しゅうきょく)山脈が長年の侵食作用を受けて準平原化した丘陵地で、最高点は標高417メートル、平均高度100メートル。低平ではあるが、複雑な地形をみせている。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルモリカン山地の関連キーワードバリスカン造山運動ブルターニュ半島コタンタン半島フランス(国)サン・マロ湾ポアトゥーアランソンサルト県セーヌ湾高橋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android