コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレアルディ アレアルディ Aleardi, Aleardo

2件 の用語解説(アレアルディの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレアルディ
アレアルディ
Aleardi, Aleardo

[生]1812.11.4. ベロナ
[没]1878.7.17. ベロナ
イタリアの詩人。若くしてリソルジメント (国家統一運動) に参加,プラーティにすすめられ,パドバの雑誌『カッフェ・ペドロッキ』 Il caffé Pedrocchiに愛国主義の詩を発表。 1852,59年の2回,オーストリア政府に捕えられたが,国家統一後は議員に選出され,晩年の 64~74年,フィレンツェ大学で美学を講じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレアルディ
あれあるでぃ
Aleardo Aleardi
(1812―1878)

イタリアの詩人。ベローナの伯爵家に生まれ、パドバ大学に学ぶ。プラーティと並び後期ロマン主義の代表者。当初はリソルジメント(国家統一)の理想を歌うが、その幻滅から、作品は感傷的偏重を強めていく。主としてフォスコロから新古典主義的伝統を継承しつつ、それをロマン主義と融和させた詩風は、カルドゥッチに影響を与えた。代表作は『チルチェッロ山』(1856)、『詩集』(1864)など。[鷲平京子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレアルディの関連キーワードべろベロナールべろべろべろんべろん舌べろせんべろべろべろばあキリンゼロ<生>デベロンベロナイト

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone