アレシボ天文台(読み)アレシボテンモンダイ

デジタル大辞泉の解説

アレシボ‐てんもんだい【アレシボ天文台】

プエルトリコのアレシボにある天文台。1963年に建設。カルスト地形の自然のくぼみを利用した直径300メートルの固定球面鏡の電波望遠鏡があり、2016年に中国のFASTが完成するまで、世界最大の電波望遠鏡だった。パルサーの精密観測が行われたほか、1974年にヘルクレス座球状星団M13に向かって電波によるメッセージを送信したことで知られ、地球外の知的生命体を探索するSETIに関わりをもつ。アレシボ電波観測所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アレシボ天文台の関連情報