アレシボ天文台(読み)アレシボテンモンダイ

デジタル大辞泉の解説

アレシボ‐てんもんだい【アレシボ天文台】

プエルトリコのアレシボにある天文台。1963年に建設。カルスト地形の自然のくぼみを利用した直径300メートルの固定球面鏡の電波望遠鏡があり、2016年に中国のFASTが完成するまで、世界最大の電波望遠鏡だった。パルサーの精密観測が行われたほか、1974年にヘルクレス座球状星団M13に向かって電波によるメッセージを送信したことで知られ、地球外の知的生命体を探索するSETIに関わりをもつ。アレシボ電波観測所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アレシボ天文台の関連情報