アロプレクタス(読み)あろぷれくたす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アロプレクタス
あろぷれくたす
[学] Alloplectus

イワタバコ科ビロードイワギリ属の熱帯性球根植物。中南米の高地の原産で、高温多湿を好み、半日陰でよく生育し、日本では温室植物とされる。花期は6~8月、橙(だいだい)色の萼(がく)に黄色の小花が対比し美しい。葉は広披針(こうひしん)形で光沢があり、表面は濃緑色、裏面は褐色である。温室では夏季に寒冷紗(しゃ)などで日よけをするとよい。用土は保水力のあるものがよく、ピートモスとの混合土でよく育つ。冬季の最低温度は5℃程度は必要。繁殖は挿芽、葉芽挿しでよく増えるが、球根の増殖はよくない。

[金子勝巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android