コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロメトリー allometry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アロメトリー
allometry

動物の相対成長に基づく生物体全体と部分,部分と部分の非比例的成長を示す事実をいう。 G.テシエ (1931) ,H.ハクスリー (32) によりそれぞれ独立に提唱された。アンモナイトなど化石動物の研究にも活用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アロメトリー(allometry)

生物の体の大きさによらず、部分どうし、または部分と全体の大きさや重量、生理学的な諸量(代謝量、寿命など)との間に見られる量的関係。体格相似と見なせるならば、一般的に体表面積体重の3分の2乗、代謝量は体重の3分の4乗に比例することなどが知られている。相対成長。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアロメトリーの言及

【相対成長】より

…成長における形態の変化を表すもので,D.W.トムソンの著書《生長と形Growth and Form》(1917)に端を発し,イギリスのJ.S.ハクスリーとフランスのテシエG.Teissier(1900‐72)によって一般化された。前者は不等成長heterogony,後者は不調和成長disharmonic growthの語を用いたが,後にアロメトリーallometry(異調律,相対成長)に統一された。成長系の二つの部分の大きさxyの関係は経験的に,ybxαの式で表されることを,両者が独立に見いだした。…

※「アロメトリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アロメトリーの関連キーワード平衡定数(生物学)身体の釣合い

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android