アワノメイガ

百科事典マイペディアの解説

アワノメイガ

鱗翅(りんし)目メイ科の1種。小さなガで,開張30mm内外,黄褐色,不規則な斑紋がある。幼虫アワトウモロコシキビなどの茎や穂に食い入る害虫成虫は年1〜3回発生,特に夏に多い。日本全土のほかアジア,ヨーロッパ北アメリカなど北半球温帯から寒帯分布

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アワノメイガ【Ostrinia furnacalis】

鱗翅目メイガ科の昆虫。幼虫はアワやトウモロコシの茎に潜って食害する害虫。比較的小型のガで,開張3cm内外。淡黄褐色から淡赤褐色。アジアからオーストラリア,ミクロネシア,日本では本州,四国,九州に分布する。ヨーロッパでトウモロコシなどイネ科の大害虫とされ,北アメリカにも移入し土着したO.nubilalis(英名European corn borer)とごく近縁で,その生活史も似ている。老熟幼虫の状態で食草の茎の中で越冬し,翌春繭をつくって蛹化(ようか),6月ころから羽化し始める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アワノメイガ
あわのめいが / 粟野螟蛾
oriental corn borer
[学]Ostrinia furnacalis

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科に属するガ。アジアからオーストラリアに広く分布し、日本全土にごく普通にみられる。成虫ははねの開張30ミリメートル内外で、夜行性でよく灯火に飛来する。幼虫は、トウモロコシ、アワ、キビ、ムギなどイネ科植物を食べる害虫で、寒地では年1回、暖地では年3回発生するなど、地域によって変化がある。食草の茎の中に食入し、食入口から虫糞(ちゅうふん)を糸でつづって出す習性がある。トウモロコシなどの出穂していない穂についたり、また、実に入ることもある。1970年以前は、ヨーロッパに分布するオステリニア・ヌビラリスO. nubilalisと同一種とされていたが、形態的な違いから、アジアのものは別種とされた。ヨーロッパ産種は、幼虫の食草も習性もアジアのものとかなりよく似ている。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android