コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンセルム Anselm von Havelberg

1件 の用語解説(アンセルムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンセルム【Anselm von Havelberg】

?‐1158
中世ドイツの聖職者。リューティヒ(現,ベルギーリエージュ)地方に生まれ,ラン司教座聖堂で学び,そこで後のマクデブルク大司教クサンテンのノルベルトゥスNorbertusと知り合い,1129年ハーフェルベルクの司教に任じられたが,その政治・神学上の活動は広範であった。47年対ウェンド人十字軍の教皇特使となり,またロタール3世からフリードリヒ1世までの神聖ローマ皇帝外交使節を務め,3度もコンスタンティノープルを訪れ,ロンバルディア都市同盟とフリードリヒ1世とのコンスタンツの和議では皇帝側の代表となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンセルムの関連キーワード自由都市聖職者西ドイツリューネブルクキンダーガーテンクザーヌスハインリヒワルターフォンデアフォーゲルワイデケーエフダブリュー統一ドイツ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンセルムの関連情報