コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンダーソン局在 アンダーソンきょくざい Anderson localization

2件 の用語解説(アンダーソン局在の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンダーソン局在
アンダーソンきょくざい
Anderson localization

金属の電気伝導不純物格子欠陥の濃度などの乱れに強く影響を受ける。乱れが小さいときは,伝導率はほぼ乱れの大きさに反比例する。アメリカ物理学者,P.W.アンダーソンは 1958年に,結晶の乱れが大きくなるにつれて伝導率がしだいにゼロに近づくのではなく,乱れがある大きさになると伝導率がゼロになる,すなわち金属から絶縁体へ転移することを予言した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

アンダーソン局在【Anderson's localization】

電子の波動関数が,無秩序性に伴って,空間的に局在化する現象.アンダーソン(P. W. Anderson)がその可能性を1958年に指摘したのだが,以後いろいろな実験的検証が行われ,現在では無秩序系における電子物性の根本とも考えられている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンダーソン局在の言及

【アンダーソン転移】より

…相互作用が強くて上記の比が小さいとき,電子の波動関数は十分大きく広がっており,電子は半導体中を不純物伝いにかなり自由に運動でき,電気伝導率も高くなる。他方この比がある値より大きくなると,波動関数は小さく局在化し(アンダーソン局在),熱エネルギーの助けをかりぬ限り電子は移動できなくなり,伝導率は,とくに低温で非常に小さい。このことはアモルファス物質など一般の乱れた体系内での電子の運動に関しても,乱れの激しさに対する電子の移動をひき起こそうとする相互作用の強さの大小関係に依存して,同じように成り立つと考えられており,この種の物質での諸現象を解釈するうえでの一つの指導原理となっている。…

【非晶質固体】より

…このような状態の存在は,非晶質固体では構造の多様性があることによる(結晶では,構造は一義的に決まっている)。 電子の状態について,結晶の場合との大きな違いは,結晶の場合は構造の一様性から電子は容易に動きまわれるのに対し,非晶質固体では,構造の非一様性のため,電子は自由に動きまわることができず,局在(アンダーソン局在)してしまうことである。 応用の面では,太陽電池としてのよい性質が,アモルファスシリコン‐水素について得られており,結晶シリコンより製作費がずっと安価なことから実用的な面での将来が期待されている。…

※「アンダーソン局在」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンダーソン局在の関連キーワード半導体空格子点格子間原子格子欠陥担体電気伝導率表面再結合フレンケル欠陥マッティーセンの規則リンデの法則(固体物理)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone