コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティオキア学派 アンティオキアがくは

世界大百科事典 第2版の解説

アンティオキアがくは【アンティオキア学派】

シリ地方アの町アンティオキアを中心に展開された,3世紀後半~5世紀前半の神学の伝統で,アレクサンドリア学派のロゴス・キリスト論に対立するキリスト論を持った。サモサタパウロスに始まり,ルキアノスとその弟子アリウス,テオドロスクリュソストモスアポリナリウスなどが有名で,最後にネストリウスが出た。この学派にはアリストテレスの影響があり,聖書の文法的・歴史的研究を重んじ,比喩的解釈ではなく予型論的解釈でもって聖書の救済史的統一を示した点がすぐれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンティオキア学派
あんてぃおきあがくは

シリアのアンティオキアを中心に、3世紀末から5世紀にかけて栄えたキリスト教神学の一派。代表的神学者として、殉教者ルキアノスをはじめ、4~5世紀にはクリソストモス、モプスエスティアのテオドロス、ネストリウスなど正統、異端両派の人々があげられる。「アレクサンドリア学派」とは種々の点で対抗し、思想的には新プラトン主義よりアリストテレスの影響を受けキリスト論においてはその人間性、歴史性を重視した。また聖書解釈でも、比喩(ひゆ)的解釈を退け歴史的、文法的解釈を重んじた。[菊地栄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンティオキア学派の関連キーワードテオドロス[モプスエスティアの]ディオドロス[タルソスの]テオドレトス[キュロスの]モナルキアニズムアポリナリオスノバティアヌスネストリウス派

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android