コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティオコス[2世] Antiochos II

1件 の用語解説(アンティオコス[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンティオコス[2世]【Antiochos II】

287ころ‐前246
シリア王国の王。在位,前261‐前246年。アンティオコス1世と妃ストラトニケの次子。マケドニアのアンティゴノス2世と結んでエジプトプトレマイオス2世と戦い(第2次シリア戦争,前260‐前253),父王が失った小アジアの沿岸地方と南シリア(コイレ・シリア)の一部を回復した。前253年妃ラオディケを離別して,翌年プトレマイオス2世の娘ベレニケBerenikē政略結婚し,しかもみずからの死にさきだち先妃の子セレウコス2世を後継者に指名したため,死後に王位継承をめぐる紛糾を生じ,ベレニケとその子を支援するプトレマイオス3世の侵入(第3次シリア戦争,前246‐前241)をまねくことになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アンティオコス[2世]の関連キーワード詐欺罪2E川本成事後設立詐欺モータリゼーション(中国の)公図被告の手錠と腰縄を外すタイミング基礎学習全基停止後の地域経済

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone