アントン・H. タンムサーレ(英語表記)Anton Hansen Tammsaare

20世紀西洋人名事典の解説

アントン・H. タンムサーレ
Anton Hansen Tammsaare


1878 - 1940
ソ連の作家。
エストニア出身。
農家に生まれ、タルトゥ大学中退後タリンで文筆活動を開始。作品にエストニア文学最高傑作の大河小説「死と正義」(5巻、1926〜33年)、「老人と若者」(’03年)、「蝿」(’17年)、「クルボヤの主人」(’22年)、「ドイツ人を愛した」(’35年)等があり、人生の苦悩を軽快なリズムで描いた作品である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android