アンドレア・デル・サルト(読み)アンドレアデルサルト

百科事典マイペディアの解説

アンドレア・デル・サルト

イタリア,盛期ルネサンスの画家。本名アンドレア・ドメニコ・ダニョロAndrea Domenico d'Agnoloフィレンツェ生れ。豊かで穏やかな色彩を用いて典雅な画面を構成し,フィレンツェ派最後の大家とされる。初期の作品は次代のマニエリスム絵画の出発点となった。代表作に《ハルピュイアの聖母》(1517年,ウフィツィ美術館蔵)やフランソワ1世に招かれてフランスで制作した《慈愛》(1518年,ルーブル美術館蔵)などがある。
→関連項目ポントルモ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android