コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドロスの女 アンドロスのおんなAndria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドロスの女
アンドロスのおんな
Andria

ローマのテレンチウスの喜劇。前 166年上演。ギリシアメナンドロスの2つの戯曲に基づく処女作。身元不明の女を愛して子供を生ませたアテネの青年アンフィルスが,父に他家の娘との結婚を要求されて困り果てているときに,愛する女の素性と家柄が判明してめでたく結婚するという新喜劇の常套的な筋書に,もう一つ別の恋愛を組合せて,事件の葛藤を一層おもしろくしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンドロスの女の関連キーワード副市町村長総合年表(北・東・東南アジア)ソテル世界銀行国際海事機関IMO腎臓移植クラフトビールミャンマー総選挙(2015年)山谷地区

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone