コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンフォラ amphora

翻訳|amphora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンフォラ
amphora

ギリシアの一種。「双取手」の意で,2つの垂直の取手が口縁部もしくは頸部から腹部につく。ぶどう酒オリーブ油,水の運搬および貯蔵に用いられた。その形には頸部が高く大きい頸型アンフォラと,腹部がふくらんだ腹型アンフォラの2種がある。当時はふたがあったが,ほとんど失われている。特殊なものには,パナテナイア祭の奉納の競技の勝利者に与えられたパナテナイック・アンフォラがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンフォラ(amphora)

古代ギリシャの壺の一種。一対取っ手がついた、にふくらみのある深い壺。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アンフォラ

古代ギリシアの2個の取手を持つ壺。取手が頸(けい)部から腹部に伸びる形のものが多い。ブドウ酒,油,穀物などを入れるのに用いられたが,埋葬用にも供された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンフォラ【amphora】

古代ギリシア陶器の一種。〈双把手〉の意で,普通,二つの垂直の把手が口縁部または頸部から腹部に付く。本来はブドウ酒を運搬・貯蔵するための器であるが,オリーブ油や水を入れるのにも使われた。酒器や香油入れに比べて全般に大きく,締まった口縁部,大きく張った腹部,細くなった底部と基台からなる。その器形は大きな頸をもつ頸部アンフォラと,頸部から腹部になだらかな膨みをもつ腹部アンフォラに大別される。【前田 正明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アンフォラ【amphora】

古代ギリシャの壺の一種。相対する垂直の取っ手をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアンフォラの言及

【ギリシア美術】より

…そのモティーフならびに表現は雷文,ジグザグ文,菱形文,波状文,網目文など硬直な連続文からなり,これらが器全面を埋めている。ディピュロンの墓地から出土したいわゆる〈ディピュロンのアンフォラ〉と呼ばれる高さ1mに及ぶ一連のアンフォラはその典型である。第2期は前8世紀から前7世紀末における〈東方化様式〉の時代で,この期は有翼獣や植物をモティーフとしたオリエント陶器の影響を強く受けた。…

※「アンフォラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンフォラの関連キーワードクレオフラデスの画家アキレウスの画家アリカメドゥ遺跡ディピュロン様式ベルリンの画家ミロス[島]エクセキアスアリカメドゥネバサ遺跡水中考古学斉家坪遺跡カンピーリ幾何学様式双耳壺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンフォラの関連情報