コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーホンドザーデ Ākhūndzāde

1件 の用語解説(アーホンドザーデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アーホンドザーデ【Ākhūndzāde】

1812‐78
アゼルバイジャンの文学者。シェキ(現,アゼルバイジャンの一地方都市)の生れ。ロシアではアフンドフMirza Fatali Akhundovと呼ばれるイラン・ロシア戦争の戦禍を避けてアゼルバイジャン各地を移り住みながらモッラー(ムッラー)の修行を積む。その後,西欧の諸学問を修め,カフカス総督府の通訳官となり,終生この職にあった。この間,母語であるアゼルバイジャン語で多くの文学作品を発表。なかでも,《タムシーラート(戯曲集)》はペルシア語にも翻訳され,イランの〈立憲文学運動〉に多大な影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアーホンドザーデの言及

【トルコ文学】より

…彼はウズベク語の教育に革命前から専念し,革命後はウズベク民衆文学の伝統を踏まえた詩・戯曲を書いて現代ウズベク文学の基礎をつくった。 アゼルバイジャン文学では,アーホンドザーデが,アゼルバイジャン文学の近代化をほとんど独力でなしとげ,あらゆる文学ジャンルで作品を発表した。ロシアと西欧文学の影響を受けながら,民衆文学伝統に根ざした民族主義を主張し,イスラムの後進性を批判している。…

※「アーホンドザーデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アーホンドザーデの関連キーワードアゼルバイジャンバツーミアゼルバイジャンとパイプライン争奪戦カフカスマドモアゼルКавказナゴルノ・カラバフバクー油田ギリアビーナゴルノカラバフ紛争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アーホンドザーデの関連情報