アーホンドザーデ(英語表記)Ākhūndzāde

世界大百科事典 第2版の解説

アーホンドザーデ【Ākhūndzāde】

1812‐78
アゼルバイジャンの文学者。シェキ(現,アゼルバイジャンの一地方都市)の生れ。ロシアではアフンドフMirza Fatali Akhundovと呼ばれる。イラン・ロシア戦争の戦禍を避けてアゼルバイジャン各地を移り住みながらモッラー(ムッラー)の修行を積む。その後,西欧の諸学問を修め,カフカス総督府の通訳官となり,終生この職にあった。この間,母語であるアゼルバイジャン語で多くの文学作品を発表。なかでも,《タムシーラート(戯曲集)》はペルシア語にも翻訳され,イランの〈立憲文学運動〉に多大な影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアーホンドザーデの言及

【トルコ文学】より

…彼はウズベク語の教育に革命前から専念し,革命後はウズベク民衆文学の伝統を踏まえた詩・戯曲を書いて現代ウズベク文学の基礎をつくった。 アゼルバイジャン文学では,アーホンドザーデが,アゼルバイジャン文学の近代化をほとんど独力でなしとげ,あらゆる文学ジャンルで作品を発表した。ロシアと西欧文学の影響を受けながら,民衆文学伝統に根ざした民族主義を主張し,イスラムの後進性を批判している。…

※「アーホンドザーデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android