コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェリバーレ Gällivare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェリバーレ
Gällivare

古くは Gellivareと綴った。スウェーデン北部,ノルボッテン県にある鉱山都市。非常に良質の磁鉄鉱を大量に埋蔵し,北西へ 80km離れたキルナと並んで,スウェーデン最大の鉄鉱山地帯を形成している。鉄鉱石は,夏にボスニア湾ルーレオー,冬はノルウェー領にある不凍港ナルビクへ鉄道で輸送される。鉄鉱業は 1704年に開始されて 35年に中断,1893年に再開された。人口約3万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イェリバーレ(Gällivare)

スウェーデン北部、ノールランド地方の鉱山都市。19世紀後半、鉄や銅の採掘が始まり急速に発展。鉱山施設やオーロラの観光で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イェリバーレの関連キーワードノールラン県

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android