イシマキガイ(英語表記)Clithon retropictus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシマキガイ
Clithon retropictus

軟体動物門腹足綱アマオブネ科。高 2.1cm,殻径 2.5cm。殻は球卵形で厚質堅固。螺塔は低く小さく,体層が丸く大きい。成長すると殻頂部はむしばまれて失われる。殻表は黄褐色で,通常三角形の黒色斑がうしろに,黄色斑が前に対になってあり,ときに色帯をめぐらすこともある。殻口は半月形で,内面は青白色。軸唇はまっすぐで中央に小さい刻みがあり,平らな滑層が体層上に広がる。ふたは石灰質半円形。房総半島以南の河口付近に多いが,淡水域にも遡上する。7~8月頃,岩礫や貝殻上に米粒状の卵嚢を産む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシマキガイ
いしまきがい / 石巻貝
[学]Clithon retropictus

軟体動物門腹足綱アマオブネガイ科の巻き貝。本州中部以南の西太平洋各地に広く分布。河口付近に多いが、河川の上流の純淡水域にもすむ。殻高、殻径とも20~25ミリメートルで半球形、成長すると殻頂が侵食され失われることが多い。殻皮は黄褐色で、小さい三角形の淡黄褐色斑(はん)と、その後ろに対(つい)になって黒色斑が陰影のようにある。殻口は半円形で、内面は青白色、軸唇には小歯を刻み、平らな滑層が広がる。蓋(ふた)は殻口にぴったりとあう半月形。7、8月ごろ、岩や礫(れき)上に黄白色の卵嚢(らんのう)を数多く産み、孵化(ふか)した稚貝(ちがい)は川をさかのぼる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android