コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシマンガリソ湿地公園 イシマンガリソシッチコウエン

2件 の用語解説(イシマンガリソ湿地公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イシマンガリソ‐しっちこうえん〔‐シツチコウヱン〕【イシマンガリソ湿地公園】

iSimangaliso Wetland Park》南アフリカ北東部、モザンビークに近いインド洋沿岸に広がる公園。いくつもの自然保護区からなる。湖・湿原・砂浜・サンゴ礁など地形は変化に富み、豊かな生物相を形成する。旧称、グレーターセントルシア湿地公園。1999年、旧称で世界遺産自然遺産)に登録。公園の名称変更にともない、2008年、現在の名称に登録変更。ラムサール条約の登録地でもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

イシマンガリソしっちこうえん【イシマンガリソ湿地公園】

1999年に登録された世界遺産(自然遺産)。南アフリカ共和国南部のクワズールー・ナタール州の北東部、モザンビーク国境に近い220kmの海岸線に沿って広がる約2600km2の規模を持つ公園で、13の自然保護区が設けられている。セント・ルシア湖と、それに隣接する世界最大の湿原の一つであるムクゼ湿原も、この公園内にある。湿原の近くには、サンゴ礁や砂浜の海が広がっている。この湿原はカバやワニ、準絶滅危惧種のシロサイを含む129種の哺乳類が生息する。また湖とパピルスの繁茂する湿原は、500種以上の鳥類の聖域で、ラムサール条約にも登録されている。サンゴ礁には53種のサンゴが生息する。植物の種類も多く、公園全体では734種あることが確認されている。◇英名はiSimangaliso Wetland Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシマンガリソ湿地公園の関連キーワードキナバル山サンペドロスルツエイ世界遺産ヘンダーソン島コモド国立公園世界自然遺産複合遺産自然遺産ソコトラ諸島

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone