コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシュトワーン1世(聖王) イシュトワーンいっせい[せいおう]István I, Szent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシュトワーン1世(聖王)
イシュトワーンいっせい[せいおう]
István I, Szent

[生]975? エステルゴム
[没]1038.8.15. エステルゴム
ハンガリー侯 (在位 997~1001) ,アールパード朝ハンガリー王国初代の王 (在位 1001~38) 。ステファヌス1世 (聖王) とも呼ばれる。ゲーザの子。キリスト教を国教に定める。 1000年頃エステルゴム,しばらくのちにカロチャに大司教座を設置,多くの修道院を建立,1001年神聖ローマ皇帝オットー3世,ローマ教皇シルウェステル2世からハンガリー王号を授けられた。異教的伝統,部族割拠主義を押さえ,行政を整備,国土を城区 (メジェーベル) に区分した。外交面ではスロバキア,ウクライナなどを征服。死後聖人に列せられ (1083) ,以後ハンガリー王位は聖イシュトワーンの玉座と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イシュトワーン1世(聖王)の関連キーワードハンガリー史

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android