コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスパニア España

翻訳|España

百科事典マイペディアの解説

イスパニア

スペイン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

イスパニア【España】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスパニア
いすぱにあ
Hispania

ローマ人が用いたイベリア半島の呼称で、現在のスペイン語のEspaa、フランス語のEspagne、英語のSpainはこれに由来する。紀元前8世紀ごろに渡来したギリシア人は、同半島をイベリアIberiaとよんだ。ついで前3世紀末に第二次ポエニ戦争の過程で半島に介入したローマ人は、この呼称を継承せず、かわって「イスパニア」という名を用いた。前200年ごろの文書に初めてみられるこの呼称は、ローマ人に敵対したカルタゴ人のi-sephan-in(ウサギのいる海岸、または島)に由来するとされる。「イスパニア」は、ローマ時代と西ゴート時代を通して半島全域の名称として定着したが、ローマ時代にはティンギタニアTingitaniaとよばれた北アフリカの一部を含むこともある。
 711年に半島を征服したイスラム教徒は、これをアル・アンダルスとよんだが、これによって「イスパニア」の呼称と概念が消滅することはなかった。やがて半島北辺一帯に生まれたキリスト教諸国が弱小であり、半島の大部分がイスラム教徒の支配下にあったことから、中世前期には「イスパニア」はたびたび前記アル・アンダルスをさした。
 だが、12世紀に入ると、Espaaの語形の下に、南北間の宗教の相違を超えて、カスティーリャ、アラゴン、ポルトガル、ナバラ、アル・アンダルスなどに分裂した半島全域の総称となった。これはカトリック両王によるカスティーリャとアラゴンの連合(1479)後も続き、ポルトガルの国民的詩人カモンイス(1524ころ―80)はカスティーリャ人とポルトガル人という区別はあっても、「イスパニア人とはわれわれ全部がそうである」といった。ポルトガルが「イスパニア」から離脱してその結果「イスパニア」が現在のスペインに限られるようになったのは、スペインがポルトガルの分離独立を認めたリスボン条約(1668)以後のことである。[小林一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イスパニアの関連キーワードイスパノ・モレスク陶器コンフェッショナリズムグアダルーペ・イダルゴJ. フェルナンデスアラ・パキスの祭壇ケープ(服の一部)アウエンブルッガースパルタクスの蜂起イブン・ハウカル神戸市外国語大学レパントの海戦ノバイスパニアキリシタン禁制天正遣欧使節モンテルランレスピナス嬢慶長遣欧使節イギリス商館セルトリウスクラッスス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android