コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスパニョーラ島 イスパニョーラトウ

2件 の用語解説(イスパニョーラ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イスパニョーラ‐とう〔‐タウ〕【イスパニョーラ島】

Española西インド諸島中部の島。西部をハイチ共和国、東部をドミニカ共和国が占める。ハイチ島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスパニョーラ島
いすぱにょーらとう
Hispaniola

西インド諸島中部、大アンティル諸島第二の島。東の3分の2をドミニカ、西の3分の1をハイチの両共和国が占める。ハイチ島ともよばれ、「ハイチ」は「山がちの所」を意味する。面積7万7735平方キロメートル、人口約1568万(1997推計)。地形は、北部山脈と中央部を脊梁(せきりょう)山脈が走り、その間に低地が広がる。降水量は地形に影響されて山間部では年間2000ミリメートルを超え、年平均気温は23~29℃で、貿易風のためにしのぎやすい。1492年のコロンブス周航以後、同島の北アメリカ最古の植民都市サント・ドミンゴは、スペインの初期植民地の中心地となった。先住民のインディオは植民地開発に酷使されて絶滅に瀕(ひん)し、16世紀初めから黒人奴隷が労働力として移入され、今日の人種構成の基礎を形成した。17世紀にはフランス領となったが、1804年にハイチが世界最初の黒人共和国として独立、1844年にはドミニカが独立した。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イスパニョーラ島の関連キーワード般若スペイン広場五方西八極四極五湖(富士五湖)アルベニス:スペイン組曲 第1集/piano soloアルベニス:スペイン(6つのアルブムブラット)/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イスパニョーラ島の関連情報