コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イス・テムル(玉昔鉄木児)(読み)イス・テムル(英語表記)Yisü Temür

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イス・テムル(玉昔鉄木児)
イス・テムル
Yisü Temür

[生]元,脱列哥那1(1242)
[没]元貞1(1295)
中国,元の功臣。モンゴルのアララト (阿魯剌特) 族出身。諡は貞憲。中書省官吏の間で左丞相にとの要望があったが,世祖フビライ・ハンは風紀を取締る風憲の長として重用。至元 24 (1287) 年ナヤン (乃顔) の乱鎮定親征軍に従い,モンゴル兵を統べ,反軍を遼河に破り,翌年残党ハダン (哈丹) を黒竜江に討平。同 31年成宗の北辺駐軍に従い輔佐となる。成宗を父チンキム (真金) を継いで皇太子とするよう世祖に請い,受納された。これを根拠に世祖没後成宗の即位を,対立候補の成宗の長兄晋王に認めさせた。その功により太師に進む。広平王に追封された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android