コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソギンチャク類 イソギンチャクるいsea-anemone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソギンチャク類
イソギンチャクるい
sea-anemone

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目に属する種類の総称。体はポリプ型(→ポリプ)で,口盤,体柱,足盤からなる。触手の数は基本的には 6の倍数(種によりほぼ一定)で口盤の周囲に輪生する。胃腔は内面壁から中心に向かって伸びる隔膜によって 6個以上に区分されている。隔膜には刺胞をもつ隔膜糸や生殖巣などがある。肛門は未分化。触手には多くの刺胞があって,刺胞に触れた獲物に毒針を打ち込み,麻痺させて捕える。多くは雌雄異体で,体外受精をするものがほとんどである。すべて海産で,大多数が岩などに吸着して生活する。単独ですみ,群体はつくらない。また,ヤドカリ類短尾類共生するものもいる。(→刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イソギンチャク類の関連キーワードヒオドシイソギンチャクウメボシイソギンチャクヤドカリイソギンチャクタテジマイソギンチャク花虫類(はなむしるい)ヨロイイソギンチャク小樽海岸海域公園地区ミドリイソギンチャク対馬神崎海域公園地区オヨギイソギンチャクムシモドキギンチャクハタゴイソギンチャクイソギンチャクモドキコモチイソギンチャクスナイソギンチャククルマガイ(車貝)浜坂海域公園地区ソメンヤドカリスナギンチャクハナギンチャク

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android